01 出居民家

出居民家

この家には、「もてなしの心」が住んでいます

人を迎える客間として、それ以上に“もてなしの心”が息づく空間として、古来から民家の家づくりの中心となってきた「出居(でい)」。
遠く源氏物語の時代に、招き招かれ、語らい重ねた屋外の間もまた「出居」です。 LDKの概念を超えて伝統の知恵に学ぶ、強く、居心地のいい木構造の家、200年住宅「出居民家」。HABITAからの新しい提案です。

 

隅々にまで活きる、永く心地よく住まうための知恵

いくつかの「出居」がつながり一軒の家となる、この古くて新しい発想の住まいには、 100年を超えて“再生できる家”としての作法や、木と暮らす快さへの工夫が隅々にまで活きています。
まず、木材の「現し」。建材になっても呼吸を続ける木を壁などで覆わず外気に触れさせることで、老けないようにする技術です。さらには、3mにおよぶ階高。勾配天井の吹き抜けなど、その開放感あふれる空間づくりは、まさに“もてなしの心”そのもの。
木材の香り、肌あい、景色、響き、そこから生まれるおいしい空気に囲まれた毎日は、きっと何ものにも代え難いはずです。

 

出居について

「出居」とは、源氏物語内でも使われている言葉で、現代流に言うとアウト・リビング。寝殿造りの二棟間にある空間を指していましたが、言葉の歴史も古く、多くの地域に独特の伝わり方を残している。その多くが客間であり、田の字状に4部屋客間のあるつくりを「よつでぃ」と言います。

 

主な特徴・田の字(よつでぃ)のシンプル構造が基本

・1階天井高さ3m(2階床下)、梁下2.7m
・五寸角柱(150mm)、尺梁(150mm×300mm)
・国産材、杉集成材を採用
・木の材積は、一般住宅の2倍近い21m3を使用

住宅のことをつぶやいています。
過去の発言が気になる方はクリックしてください。

一級建築士事務所
株式会社建築工房いづき

〒700-0973
岡山県岡山市北区下中野362-103
KARIYA3ビル201

FreeDial 0120-455-777
Tel:086-244-2777

Fax:086-244-2333


構造体のしっかりした安心・安全で快適な200年住宅を心を込めて設計、施工いたします。住まいのことで判らないことやお困りごとがございましたらお気軽にご相談ください。